ドローンはいつでもどこでも自由に飛ばせるのか

 最近では、空撮やイベントのほか農業や建設工事の現場など様々な場面でドローンが使用されているのを目にしますが、ドローンは、航空機の航行に関して定めた法律である航空法において無人航空機に該当し、飛行する空域や飛行方法により、国土交通大臣の許可や承認が必要となります。なお、航空法における無人航空機とは、国土交通省において「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と定義されており、電波を発信するドローン(マルチコプター)、ラジコン飛行機、農薬散布用のヘリコプター等が該当します。

飛行許可承認の対象となる無人航空機とは

 飛行許可承認制度の対象となる無人航空機は、機体本体とバッテリーの重量を合わせた重さが100g以上の無人航空機です。

ドローンを購入したらやるべきこと

 ドローンをはじめとする無人航空機(機体本体とバッテリーの重量を合わせた重さが100g以上のもの)を購入した場合は機体の登録及び登録記号の表示が必要です。なお、この機体の登録は、近年の無人航空機の利活用の増大に伴う事故の発生や無許可飛行の増加に対し、所有者の把握、事故の原因究明や安全確保、安全上の問題がある機体の登録拒否による安全確保という観点から義務とされており、未登録の機体は飛行させることができません。

Follow me!

投稿者プロフィール

建設業サポーター行政書士
建設業サポーター行政書士
許認可申請のプロフェッショナル
埼玉県を中心に活動する「建設業専門」行政書士
建設業界の発展をサポートするため日々、奔走中‼